株式会社ハートランド住宅販売
売買 賃貸 建設・設計 リフォーム オーダー家具 地図・会社概要 お問い合わせ ホーム
HeartLand CorporationConstruction建築・設計 注文住宅Order ResidenceConstruction建築・設計 注文住宅Order Residence
安心の家つくり
地盤の調査 (スウェーデン式サウンディング試験)
どういった地盤であるかを知ること。
地盤情報をもとにデーター解析を行い、その地盤に合った基礎仕様を考えます。
場合によっては、地盤補強工事を行います。
地盤損壊保証制度 10年保証
鉄筋コンクリートベタ基礎
基礎は建物の重さ、人や家具などすべての重さを支え、安全に地盤へ逃がす重要な役割をします。ハートランドでは、基礎幅は公庫基準の120mmより上回る150mm。耐圧スラブも公庫基準の120mmより厚い150mm〜180mm。鉄筋は直径13mmと10mmを配置し耐震性を高めた構造にしています。
構造材
強度や性能によって用途別に分類・厳選した材料を採用しています。
土台には、木材の中で強度があり腐食しにくいヒバ材を使用。
これに防蟻処理をします。柱材には、ムク材に比べ収縮や変形が少なく、常に均一の品質と高い精度が得られる杉集成材を使用。梁は、マツ集成材を使用。
プレカットによる構造材の加工
ハートランドでは精密に構造材を加工するため、プレカット工場において、一邸宅ごと部材を加工します。
ミリ単位で、部材の長さや仕口をコンピューター制御により正確にカットし、現場での安定した施工を可能にします。
(ハートランドの職人は墨付け、手刻みによる加工ももちろん可能です。)
在来軸組み工法
在来工法は、日本の風土・気候に合った日本で生まれた工法です。
柱、梁などを軸として組むため、軸組み工法といわれています。
またこの工法は、日本の暮らしにあわせ長年にわたり進化をしています。
ハートランドでは、その長所を生かしながら、尚、現在必要とされる耐震・耐久性を新たな技術を加えることにより良い家作りにしています。
また、柱の位置を自由に設定できるため、将来的な間取りの変更等も柔軟に対応できます。
剛性床
2階床は床梁および床根太に構造用合板24mmを打ち付け床面を一体化させ、地震や台風によるねじれや歪みに強くなっています。
耐力壁
土台、胴差し、柱の間に筋かいを入れ、構造用合板を打ち強度を高め、面で地震などの外力を分散させ軸を通じて地盤に伝達させるため、接合部に集中する負荷を避けられます。
健康に配慮した資材
ハートランドではシックハウスの原因と言われるクロス接着剤はノンホルムアルデヒド接着剤を使用。
また内装建材もホルムアルデヒドを極力排除し、人体にやさしい家をつくります。
材料区分 建築基準法の
規制対象外
第3種
ホルムアルデヒド
発散建築材料
第2種
ホルムアルデヒド
発散建築材料
第1種
ホルムアルデヒド
発散建築材料
JIS・JAS規格 F☆☆☆☆ F☆☆☆ F☆☆ 旧E2・Fc2または
表示なし
ホルムアルデヒドの量 少ない←----------------------------------------→多い
内装への使用制限 制限なしに
使用できる
使用面積が制限される 使用禁止
お問い合わせ・設計施工のご依頼
Copy right(C) 2005 HEARTLAND CO,,LTD 採用情報 プライバシーポリシー